交渉する代理人


交通事故において、最大の問題は交渉にあります。交渉といっても、ただの話し合いではありません。保険会社は、自社の利益のためにも動かなければいけない立場にあります。これが実に大きな意味があり、交渉を難航させるポイントです。

保険会社は依頼者である加害者の利益を最大化させることも使命として持っています。適切な範囲ではありますが、できるだけ保険料を抑えたいのは当然です。そうなると、被害者側としては、最低限押さえられた保険料に対する交渉を強いられます。

もちろん、保険会社は交通事故の案件を専門としている担当者が出てくるため、どうしてもうまくいきません。納得がいく慰謝料を含めた補償をしてもらえるというわけにはいかなくなってしまいます。提示された金額が適切なものかどうかも判断が難しいでしょう。

そこで考えていかなければいけないのは、自分の利益を守ることにあるでしょう。自分のために交渉してくれる相手が必要になってきますが、それが弁護士ということです。

依頼人の利益を最大化するための存在でもあり、法律の専門家です。

交渉を日常の業務としていることから、保険会社に対しても強みを発揮できるのですから、大きなメリットになってくるでしょう。自分の代理人のため、すべて任せることが可能です。

すべての窓口に