プレッシャーを掛ける


交通事故の案件であれば、だれか詳しい人に手助けしてもらってということも考えられるでしょう。弁護士でなければいけない理由はいくつもあります。法律に関する相談を受けられ、本人の代理となれるところは、弁護士のメリットになるのは間違いありません。

ですが、それだけではなく、保険会社に対してプレッシャーをかけられるというところが大きくなります。保険会社の担当者は専門家だけに、弁護士が出てくることの意味が分かっています。交渉は簡単にはいかなくなることを覚悟しなければいけません。

慰謝料などに関して保険会社は独自の算定基準を持っていますが、弁護士は裁判の判例を基準とした保険会社よりも高額な算定基準で交渉をしてきます。保険会社としては頭の痛いところで、どこを落としどころにするのかを探っていかなければいけません。

いくら自社の利益を守りたくても、弁護士には通じないところが出てくるでしょう。そうなると、早期に解決を求めるという姿勢も考えていかなければいけなくなります。特に交通事故に関する案件を多数扱ったことがあり経験のある弁護士になると、かなり手ごわい交渉になるため、保険会社には大きな力がかかってくることになるでしょう。

これも弁護士に依頼するメリットです。

すべての窓口に